コンパクトな外付けhddは外出先でも使いやすい

メンズ

小さく使いやすい記憶媒体

ハードディスク

コンパクトで使いやすい

データの保存先として使われている外付けhddは、本体のサイズがコンパクトに作られていて持ち運びに便利という特徴があります。文庫本2冊分ぐらいの容積しかなく、片手で持ち上げられる軽さを実現しています。より小さなサイズの外付けhddも登場しており、社内だけでなく外回りの際に持っていくのにも問題ありません。パソコンで使うには、主にUSB端子を介してデータのやり取りを行います。製品には接続用のUSBケーブルが付属しているので、それを差し込める端子がパソコンにあるかどうかが購入の際のチェックポイントとなります。一般的なパソコンであれば複数のUSB端子を備えていますが、マウスやキーボードなどで塞いでいる場合も多いので、事前に空き端子があるか確認しておきます。

データやり取りに便利

パソコンを仕事で使っていると、保存しているデータが増えすぎて容量を圧迫することがあります。一定量を超えるとパソコン本体のパフォーマンスにも影響するため、外部の記憶媒体に保存するのが一般的です。その際によく利用されるのが、外付けのhddです。USB端子などで接続するだけで、手軽にデータを移すことができます。企業でこうした外付けのhddが人気となっているのは、容量が大きい割に価格が安いという利点があるためです。他にも様々な記憶媒体がありますが、それらと比べても単位容量あたりの単価は低く、企業のコストを抑えるのに貢献してくれます。しかし、そういった便利なhddでも機械ですので故障することもあります。変な音がしたり、パソコンに認識されなかったりなどの不具合が出ることもあるのです。また、故障が原因でデータがなくなってしまうこともないとはいません。そういった場合は、hddの復旧をすることができる業者を頼るのが最適です。無理に自分で解決しようとすると余計に悪化することも少なくありません。そうならないためにも、復旧業者に頼って対処してもらいましょう。